京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

かくかくしかじか -梅夜、開業のきっかけ-

 

さてさて。

 

みなさま、漫画はお好きでしょうか??

わたし、大好きです。

 

マンガを読んだら、ストレス発散。妄想の世界へ。

好きなマンガ(しかも完結してるやつね)を抱えて自分の部屋に籠る。

おかあさんが、ごはんよーっていうまで読む。幸せなやつ。

 

明日、朝早いのにと思いながら読む、やめれない、止まらない。

東村アキコさんの漫画、かくかくしかじかを一気読みしたのは、だいぶ前。

内容はちょっと、うろ覚えですが、、(うろ覚えかいな)泣いちゃったのは事実。

 

わたしにとっての日高先生は、和楽庵の女将、ルバキュエール裕紀さんです。

(日高先生のようにスパルタではございません)

て、うろ覚えなのですが、、影響を大いに与えられた人。

梅夜が開業できたのも、るばさまに出会えたから。

るばさまに出会ってなかったら開業してないですし、いまの梅夜はありません。断言できる。

<写真は和楽庵のフロントにて>

これいつの写真だろ、、

20160901_2180119

 

京都移住のきっかけをくれた、金魚家の女将さん(ゆみちゃん)のおかげ。

2011年の写真。服装がおもしろい。

 

(もう知り合って10年ちょい)

268184_10150227078028481_4631479_n

そのあとは出会いのオンパレーーーーーード!

たくさんの仲間にめぐり逢えました。

この写真は京都に引っ越してきたその日に、

女将さんが歓迎会を開いてくれたときの写真。

確か6年前?え??そんな前?? もしかするともっと前??

日暮荘のやまちゃんもいる。なんかみんな若いね。

20160901_2180105

 

 

東京でOLして、京都に移住を決めて、台湾にちょっと住んで、

まさかの開業。

 

あれ?わたしの、うえさま(錺屋月屋さんの女将)がこの写真にはいないね。

てことで、ふたりで台湾にいったときの思い出の写真。

with オーナーえんちゃん。(警察バージョン)

ふたりで、えんちゃんの職場に寄った時の写真。

ローカルの交番の休憩所って。普通は入れませんね。悪さしなきゃ。

13903298_1047558388695684_5503856629912768304_n

 

京都に越してすぐに、素敵で、おもしろくて、ちょいとおかしい仲間に出会い、

かくかくしかじか、

今の梅夜があるわけでございます。

 

 

つづーーーく。

 

お宿梅夜 Guesthouse Umeya

女将 木村 淳子

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ