京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

-改修日記- かっこいいフロント造るぜよ

 梅夜のフロントですが、ちょとしたバーカウンター風に造っております。

 フロントは、お宿にとって大事な場所。

 働いている自分たちも、ここに座ってることが多いわけで。

 居心地よくかつ、かっこよく。お客さんが集える場所が欲しい。

 大工さんはキッチンを造ってくれた、おなじみ、だいきさんです。

 (前回blog参照)

  20161102_210106

 だいきさんはものすごい集中力で、

 木を切り、さくさく造っていきます。

 その作業をみていると、かっこよくて、惚れてまうやろーーーー。

 

  20161103_135430

 

 写真撮ってもいいですか。との、わたしの要望に常に下向き。

 シャイですか。そんなところも素敵。

 img_1310 

 

 さてさて、徐々に出来上がってきたとこで、

 塗装していきますぜ。

 設計士のなかむーに相談したところ、

 柿渋3回塗ってからあの、桐油を塗ってとのこと。 

 

14858746_10210636638054231_467332169_o 

 

 あれ、Lenさんのマネージャーあいちゃんだ。

 あれ、もしも屋さんの店主かなみんだ。

 あれじゃないでしょうよ。ねえ。

 いつものごとく、差し入れしに来てくれたふたりに

 塗装のお手伝いをしてもらいました。

 16729058_1428531557192177_6320162878732264527_n 

 

もともとのフロントの場所は、こんな感じ。

 

12804204_1012521918826598_652853216_n

 

そう、畳だったのですよ。

それを、フローリングにしたのですよ。

床の塗装も、紅殻+柿渋。仕上げに桐油。

改修中は、よく山中油さんに自転車でひとっ走りしたもんだ。

20161107_232933

 

床の塗装は、オーナーえんちゃんひとりで塗ってくれました。

こんな広い空間を、、

おつかれさま、えんちゃん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ソファー置いて、カウンター用の椅子も置いたら

一気に、それらしくなりますな。

椅子は、柳馬場通 松原通りをさがったところにある

バルマーネさんのマスターから頂いたもの。

pc190008

 

フロントはわたしのお気に入りの大好きな場所。

最近はここで、ほけーーーっとしてるか、たまに仕事してみるか。

家で寝てるか、食べてるか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

梅夜に来てくれたお客様や、様子見に来てくれる友人達と

このカウンターでいろいろと語れたら。

 

みなさま、お待ちしております。

 

お宿梅夜 Guesthouse

女将 木村淳子

 

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ