京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

-改修日記- 東京から左官屋鹿間親子来る!の巻

改修日記で前にも紹介しましたが、改めて紹介したいのが

女将、きむの地元の友達で左官屋さんの、しかちゃん。

 

 

梅夜の正面玄関の壁や母屋のお部屋の壁を塗ってくれたのが、しかちゃんです。

親子代々、左官屋さんをしているしかちゃんは、

今回わざわざ東京から、おっきなトラックに材料積んで、京都まで来てくれました。

 

img_1526

 

しかちゃんは一週間ほど、京都に滞在してたのですが、

超ハードスケジュールの中、”しかちゃんwelcome会”やら、”しかちゃんまたね会”を

開催し、京都の仲間たちにもすっかり溶け込んでましたわ。

 

作業中の合間の休憩の様子。たのしそうに話してるねえ。

img_1065_r

 

そして、しかちゃんだけでなく、なんと!おとっつあんも東京から来てくれたのです。

おとっつあん、梅夜のかまえの壁を塗ってくれてます。

漆喰に紅がらを混ぜたもの。

14732176_1304037289641605_8946567830924357451_n

 

親子の共同作業。その背中は格好よく、美しい。

聴の間の壁はわたしが選んだ浅葱。月屋さんとおなじです。

14724541_1306827302695937_5281426660273866511_n

岩本くんも参戦!

14732194_1306827469362587_6528074538887110986_n

 

しかちゃん、岩本くんふたりで縁側の壁を。

なんだかこのとき、ちょっとジーンとしたのを思い出します。

このふたりにどれだけ助けてもらってんだろってね。

 

14606553_1306827416029259_8841969294249565201_n-1

 

いよいよ大詰め、

離れの下地をしてくれてます。

ぼろぼろの壁を補強してくしかちゃん。

塗りにくいところも、えいやーーー、どやーーーっと

塗ってく塗ってく。もう身体限界の中で朝から夜中まで作業してくれました。

 

img_1151_r

 

疲れてきた時のしかちゃんはこんな風に寝癖がぴょんぴょん。

この写真は漆喰を塗ってくれてるときですねえ。

 

14642301_1304050662973601_8085332986838411451_n

材料を練ってる様子。

うしろにちょこっとゆみちゃん(金魚家、鯉屋の女将)写ってますね。

べんがら塗りにきてくれてた。

 

img_1083_r

 

口は乱暴だけど、繊細で優しく、熱く、ときに熱すぎるくらい熱い、

まっすぐな性格のしかちゃん。

左官のことをなーーーんにも、というか改修することの大変さを

ほんとなーんにも分かってなかったわたしを、助けてくれたひとりです。

 

img_1111

最終日にはみんながしかちゃんに会いに来てくれました。

記念の一枚。

img_1173_r

 

最後にこのしかちゃんらしい写真を一枚。

カラオケで熱唱してるとこ。

img_1130_r

 

へとへとの中、無理やりいったカラオケもいい思い出。

また京都に戻ってきてね★

みなさま、運よく(?)しかちゃんに梅夜で会えたら

一緒に飲みにいきましょう。

 

お宿梅夜 Guesthouse Umeya

女将 木村淳子

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ