京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

節分は恵方巻き食べます。

2月3日は節分の日。

東京でお仕事してたときは、社長さんから恵方巻頂いてたな~。

今年は、梅夜奮発!藤井大丸で買った、恵方巻はいつもより高価だぜ!

一人じゃ食べきれないし、ご近所のゆみちゃん(鯉屋の女将さん)をお誘いして2人で食べる。

丸かぶり。南南東ちょっと右。ちょっと右て微妙ね。

27459365_10214910669542347_6294129101628022481_n

 

 

豆まきもする。

以下、コントの様な写真が続きます。

お庭に捲いて、

27337130_10214910669622349_8561686970541899956_n    

 

なんならちょっと食べて。

だって、豆はゆみちゃんがわざわざ炒って持ってきてくれたもの。

仁王立ちして、もそもそ食べる。まったく絵にならない。

 

27459640_10214910669222339_9216555119872879630_n

 

鬼役して。って、もういいんじゃない??

どうしてもゆみちゃんと一緒の写真が撮りたく

宿泊中のお客様にお願いして撮ってもらいました。

27459481_10214910669942357_2004776625987260946_n

 

そのあとは、ぶらり近くの千本えんま堂まで繰り出します。

節分祭やってまっせ。

雰囲気がなんだか妖艶でいいですわ。閻魔様がいるからかな。

27544684_10214910669302341_5234674628389643571_n

 

無料で狂言観れて、豆まいてもらって。

奥にちょんと座ってる雀役の女の子がまあ、かわいらしいこと。

27655144_10214910669262340_1797433398484779621_n

 

 

最後の福豆まきには開くと黒豆と当たりくじが入ってます。

ははーーーん、なあんか、張り切ってると思いましたわ。

くじ引きとか当たり、外れ、てきなものが大好きなゆみちゃん。

ひそかに、いや、もう結構わかりやすく闘志をメラメラ燃やし豆を拾う、

キャッチする。

 

27336486_10214910671942407_7570590807425806822_n

 

当たったー!!!!すんごい嬉しそう。満面の笑み。

よかったねえ。良いことあるね。

 

一人さびしく終わるはずの節分祭り。持つべきものは近所の親友さ。

 

お宿梅夜 Guesthouse Umeya 

女将 木村淳子

 

 

 

 

 

 

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ