京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

韓国に行ってきました。 -Pusan 編- with 日暮荘のやまちゃんの巻

 

にーはお!前回の続きで韓国旅行について書きたいと思います。

ソウルを堪能したあと、KTX(新幹線みたいなもの)で3時間半かけて釜山に移動しました。

 

KTXに乗るのも難しいことはなにひとつなく、すんなり釜山に到着。

 

 

今回、釜山には日暮荘のやまちゃんが参加。

やまちゃんとわたしの旅のスタイルはぶらぶら歩く。コーヒー飲む。歩く。コーヒー飲む。

こんな通りに面した大きなカフェで人間観察してみたり。

r0000061

 

ぷらっとお寺(?)に入ってみたり。

r0000053

 

絶対食べてね!といろんな人からお勧めされた

ケミチッ 本店直営店に行きにんにくバリバリの海鮮料理を食べてみたり。

 

s__35135568

 

混ぜるとこんな感じです。いか、たこ、ニラ、ネギ満載!!

r0000051

 

国際市場をふらふらしてみたり。

r0000072

 

みんなあの赤い椅子に座っておる。わたしはチヂミ屋さんに入り、念願の赤い椅子に座って

まっこりを堪能しました。韓国ではまっこりが激安です。

r0000063

活気のある市場。釜山は海も近いので海鮮が充実。

r0000121

 

r0000120

 

もちろんキムチも。

市場を歩きながら、まももや思う。住める!

r0000122

台湾にもこんなお店あるなあ、雑貨屋さん。

韓国はこんな市場で100円のものを買ってもクレジットカード使えます。

どこでも使える。便利。

 

r0000067

 

二日目はちょっと遠出しようと、ケーブルカーに乗り

金井山城へ! ケーブルカーでぐんぐんと上がる。

釜山の街が見渡せる。が、まあまあ怖い。

 

r0000100

 

途中、駅で韓国のり巻(キンパ)を買いました。

r0000089

ごま油とお塩。きゅうり人参たくあんにきゅうりが入ってる。

r0000092

あ、あとハムも。コーン茶と一緒に頂きます。

 

r0000094

ちょっとあるけば南門がある。韓国の万里の長城と言われてる、、という

ガイドブックのテキストにのせられ、

 

r0000099

 

まあまあ歩くやんとぶつぶついいながら、山を散策。

青紅葉もきれいでした。

 

r0000113

 

r0000105

 

かっこいい。石の壁かっこいい。

ここでも赤い椅子登場。みんなまっこり呑んでたり。

r0000114

 

山を堪能したあと、駅までの道にスパのような建物発見。

お宿を改修してからちょっとだけ前より建築というか、素敵な建物に目がいくように

なったな。

温泉マークかわいい。

r0000115

 

その日は晩ご飯食べたと、港の方にも行こう行こうといいつつ、

ホテルで日本のテレビ番組観ながら、がっつり寝てしまいました。

それもそれで良し。ゆっくりしたいもの。

 

海雲台に行けば、素敵なバーやちょっとロマンチックな夜景みれたり、

するらしい、、、です。

こんなんも食べれたりするらしいです。

 

s__35135573

 

 

 

また行こう、釜山!次は胃腸薬持って。

ちょっと話変わりますが、

帰国後、ネットフリックスで気になっていたドキュメンタリー

”ストリートグルメを求めて” にハマってます。

Youtubeでちょろっと観れます。

韓国から帰ってきてから観た”Soul編”

観てから行くべきでした。

他の国バージョンも素敵なのでぜひ観てください。

お腹すいてる時に観ないように★

 

お宿梅夜 Guesthouse Umeya

女将 木村 淳子

 

 

 

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ