京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

かくかくしかじか -梅夜、開業のきっかけ-

 

さてさて。

 

みなさま、漫画はお好きでしょうか??

わたし、大好きです。

 

マンガを読んだら、ストレス発散。妄想の世界へ。

好きなマンガ(しかも完結してるやつね)を抱えて自分の部屋に籠る。

おかあさんが、ごはんよーっていうまで読む。幸せなやつ。

 

明日、朝早いのにと思いながら読む、やめれない、止まらない。

東村アキコさんの漫画、かくかくしかじかを一気読みしたのは、だいぶ前。

内容はちょっと、うろ覚えですが、、(うろ覚えかいな)泣いちゃったのは事実。

 

わたしにとっての日高先生は、和楽庵の女将、ルバキュエール裕紀さんです。

(日高先生のようにスパルタではございません)

て、うろ覚えなのですが、、影響を大いに与えられた人。

梅夜が開業できたのも、るばさまに出会えたから。

るばさまに出会ってなかったら開業してないですし、いまの梅夜はありません。断言できる。

<写真は和楽庵のフロントにて>

これいつの写真だろ、、

20160901_2180119

 

京都移住のきっかけをくれた、金魚家の女将さん(ゆみちゃん)のおかげ。

2011年の写真。服装がおもしろい。

 

(もう知り合って10年ちょい)

268184_10150227078028481_4631479_n

そのあとは出会いのオンパレーーーーーード!

たくさんの仲間にめぐり逢えました。

この写真は京都に引っ越してきたその日に、

女将さんが歓迎会を開いてくれたときの写真。

確か6年前?え??そんな前?? もしかするともっと前??

日暮荘のやまちゃんもいる。なんかみんな若いね。

20160901_2180105

 

 

東京でOLして、京都に移住を決めて、台湾にちょっと住んで、

まさかの開業。

 

あれ?わたしの、うえさま(錺屋月屋さんの女将)がこの写真にはいないね。

てことで、ふたりで台湾にいったときの思い出の写真。

with オーナーえんちゃん。(警察バージョン)

ふたりで、えんちゃんの職場に寄った時の写真。

ローカルの交番の休憩所って。普通は入れませんね。悪さしなきゃ。

13903298_1047558388695684_5503856629912768304_n

 

京都に越してすぐに、素敵で、おもしろくて、ちょいとおかしい仲間に出会い、

かくかくしかじか、

今の梅夜があるわけでございます。

 

 

つづーーーく。

 

お宿梅夜 Guesthouse Umeya

女将 木村 淳子

看板彫って!

梅夜の看板。

ええ、もちろん仮ですとも!(笑)

img_4890

看板作りを助けにきてくたのは、

飲み友達のヨネちゃん&錺屋女将うえさま。

img_4833

台湾人の旦那さんがデザインしてくれたロゴマークに、

その妹ちゃんが筆で書いてくれた「梅夜」!

渋い看板になりそうな予感。

img_4828

ヨネちゃんなら出来るんじゃない?!と、

ごり押しでお願いしちゃったけど、実はこんな彫刻未経験。

img_4897

それでも、ルーターと彫刻刀を駆使して

上手に彫ってくれました!

img_4878

そしてこちらは、

連日お手伝いしてくれている大学生、

名古屋ガールますおちゃん!

img_4837

こんな晴れた日は、

現場日和!

img_4850

現場の楽しみと言えば。。。

お庭に集まってのお昼ごはん!

暑くもなく寒くもなく、本当いい季節の改修工事だったなぁって思います。

img_4874

もう数週間で終わりなんて。

しんどい時は早く終わってーーーって思うけど、

たのしい時は終わることがちょっぴりさびしくも感じちゃう。

今日もみんな、ありがと。

壁塗り最終日

お宿の備品の買い出しに走り回って帰ってきたら、

岩本くんがひとりもくもくと、

キッチンの漆喰壁を仕上げてくれていました。

img_4799

この日で母屋の壁は最終日。

夜遅くまで頑張ってくれました。

img_4816

高い足場から、さらに脚立に登り、塗る。

材料を練り、重い重い土を運ぶ。

そんな大変で疲れる作業なのに、

いつも陽気で優しく、面白い岩本くん。

本当にありがとう、お疲れさまでした。。。涙

img_4839

梅夜に初めてはいったら、

まずその天井というか、火袋の高さに驚かれると思います。

これ、ぜんぶ塗ったの岩本くん?!ってね。

img_4893

開放感あるこの火袋は、

梅夜の自慢です。

そしてこちらが買い出ししてきた、

アンティーク家具と備品たち*

img_4867

備品をあれやこれやと選ぶ瞬間が、

一番楽しい!

「あっこれ梅夜っぽい!」ってね*

img_4866

 

タイル張り

大工さんの邪魔にならないよう、

並行してタイル張り。

割り付けに、初日だけタイル屋さんに来てもらいました。

いろいろ教えていただいて、

続きは自分たちでDIY!

img_4817

離れの洗面所は、名古屋モザイクのコラベル!

クラシックな形が可愛いですよね。

そしてキッチン&洗面は、白と紺のモザイクタイル。

写真は完成形。

タイル目地埋めが、、、苦労しました。

img_4844

キッチンの台下には、

大工さんが引出しや棚を作ってくれました!

ちゃんと料理できるような、勝手の良い広いキッチンにしたかったので、

大満足!

 

フロント*完成

改修も、大詰め。

離れにはお気に入りの、

アンティークの窓が入りました♡

ステンドグラス、やっぱり可愛い!

img_4859

作業のはやーい職人さん。

umeya022

ぱぱぱぱーーーっと、

フロントを作ってくれました!

umeya021

ちょっとBarカウンターぽいイメージで、

大きめに作っていただきました。

フロントができると、途端にお宿っぽくなっちゃって♡

どんな塗装にしようかなー。

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ