京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

みんなで塗装大会

今日は塗装大会。

本日のスーパー助っ人は、現場監督・たじまさんのお子さんたち!

ちゃんと教えてもらって、、、

umeya025

上手にベンガラを塗ってくれました!

小さなおてて、手袋大きすぎるよね(笑)

可愛くて癒される~*

umeya023

お休み返上で頑張ってくれている現場監督には、

一生足を向けて寝れません。。。

そしてベンガラ塗りならお手のもの、鯉屋女将のゆみちゃん先生&

高いところなら任せて!のたけちゃん。

umeya024

この二人にもめっちゃ助けられています。。。

みなさん本当にありがとう、お疲れさまでした!

 

ニコさん登場!

我らが和楽庵のオーナー、フランス人大工の

ニコさんが助っ人にやってきてくれました!

umeya101

今回、お庭をすべてお任せしました。

ブロックの味気ない塀も、この通り!

よしずを使った、簡単でリーズナブルなアイデア。

umeya009

そして並行して、

離れの床下地づくり。

umeya004

大工さんって大変・・・

 

瓦と、壁と

今年の秋、雨が多くありません?

お天道様いじわるすぎ。

晴れた日を狙っては瓦の葺き替えをしてもらいました。

命綱無しなんですね・・・職人さん凄いなあ。

新しい瓦が秋晴れの空にぴかぴか輝いて。

umeya003

同時に壁のほうも進行していきます。

すごく高い火袋の壁を塗るため、足場を組んでいきます。

これもまた命綱ほしいくらい恐い・・・

umeya006

梅夜も月屋さん、鯉屋さんと壁の監修をしてきた、

おなじみの岩本くんにお願いしました。

umeya002

練って、塗って、練って、塗って。

工程ひとつひとつ、丁寧に教えてくれる岩本くん。

経験積んで、最近すっかり頼もしくなっちゃって。

惚れまっせーーー。

umeya001

改修工事って、ほんとにこつこつ、地道な作業で、

毎日ちょっとずつ進む。

加えてはじめめてのことだらけ。

忍耐と、勉強の毎日です。

 

 

梅夜始動、解体スタート

梅夜の改修工事、

現場で本格的な打ち合わせ。

設計士さん、工務店の現場監督、大工さん、解体屋さん、電気屋さんに左官屋さん・・・

みんなで相談しながら、進めていきます。

梅夜プロジェクト、ついに始動!!

img_4058

このボーボーの(笑)お庭も、

どうなっていくんだろう・・・!

お庭は、私がお世話になったゲストハウス和楽庵のオーナー、

ニコさんにおねがいする予定です。

フランス人のつくる和の庭園、乞うご期待♪

img_4023

そしてとうとう、

解体作業が始まりました。

壁や床をバコンバコン壊していきます。

こんなに壊しちゃって大丈夫??

umeya0001

どうなっちゃうんだろう。

ドキドキ、そして楽しみでしょーがない!

 

 

はじめまして、梅夜です!

京都西陣にある、お庭が広くて、小さな町家で

お宿(ゲストハウス)をつくります!

屋号は、梅の夜と書いて「梅夜‐うめや‐」です。

2016年11月末オープンに向けて、日々奔走しております。

img_4033-2

私、女将は東京生まれ、

ゲストハウス和楽庵でマネージャーを務めるため、

6年前に京都にやってきました。

良いご縁に、良いご縁が重なって、

そこで知り合った台湾人の夫とともに、

2人の出会いの地であり、

今では大好きになっちゃった京都でお宿をはじめることが出来て、

本当に有り難いなぁと思います。

列印

 

↑梅夜のロゴマーク

梅の花と夜を表す月をイメージして、

夫がデザインしてくれました。

このブログでは、

町家がどのように改修されていくのか、

オープンまでの道のりをお伝えしていこうと思います。

どうぞよろしくお願い致します!

 

梅夜 女将

 

 

10 / 10« 先頭...678910

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ