京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」

お宿 梅夜は、日本と台湾出身の夫婦が営む京都、西陣の風情ある街並に佇む京町家ゲストハウスです。

お問合せ

ブログ

-改修日記- チーム梅夜のご紹介 左官担当岩本くんの巻

桜の季節がやってましりました。

春も桜も大好きですわ。うきうきするし元気になるし。

今年はちょっと遅めですね。早く見に行きたい。さくらの開花情報みながら、うずうず。

下の写真は梅夜から近い平野神社の写真。いい感じに咲き乱れている、さくらもちらほら。

17626526_752731554904569_4985721431400624055_n

(撮影:京都旅人 林(リン)さん)

 

さて、チーム梅夜の紹介。今回は左官を担当してくれた、われらの岩本くん。

岩本くんは9月の終わりに梅夜に偵察にきてくれ、そこから改修が終わる最後の最後の最後まで

付き合ってくれました。

 

岩本くんは、月屋さん、鯉屋さん、日暮荘さんの壁も担当してきた、

もうわたしらの中じゃ無くてはならぬ存在です。設計の中村くんの後輩でもありんす。

 

手先が器用で、公家顔でひっそり頑固。

壁を塗りまくった後は髪の毛ボリュームアップ。

img_1143

梅夜の高い高い火袋をひとりで塗りあげてくれました。

壁を塗るときに流すDJ岩本の選曲がいつも良くて、

そしてぽつぽつと、おもしろいこと時々言うよね。

img_4812

 

わたしがえーーーーーい!と破壊した階段の壁や、

離れのモルタルや、漆喰の材料作り、指導などなど。

ありとあらゆる梅夜の壁を、塗ってくれた岩本くん。

 

14721698_10210421618598879_6245630513493439289_n

 

伝統的な手法で、伝統的な技を使い、ぼろぼろの壁を

丁寧に丁寧に塗り重ねていく。

土を練る、運ぶ、塗る、この作業ってほんとにきっつい仕事。

監督のたじさんと足場を造ってる様子。背中がかっこいいぜーーーーー!!!

 14724623_10210421618318872_2062895864651461477_n

 

公私ともにほんとーにお世話になった岩本くん。

いまは、建築士として”平旅籠ひばり Hibari Hostel”の改修中。

ぷらす、大徳寺のそばの孤菴Kissa Co(オープンはまだ)の左官も進行中。

img_0611

 

 

平旅籠ひばりは、

「だれでも、どこでも、いつまでも旅をし、豊かな人生を。」がコンセプト。

怪我をしても、歳をとっても、いつまでも旅できる場所作りを目指し、今年の夏オープン予定。

お施主さんは、なんと金魚家のさん、超ベテランスタッフけいくんと、

梅夜のHP作成をヘルプしてくれた錺屋さんのつばさちゃん。

(くわしくはうえさまの錺屋ブログから)

17203136_1315594731864744_4404610635308643003_n

 

なんてすてきなコンセプト。岩本くんは設計だけでなく左官も担当。すごいわなあ。

そして、現場監督、電気工事担当はチーム梅夜といっしょ、たじさんと大山さんです。

人と人がどんどん繋がって、おもろく素敵な仲間がどんどん増えていってます。

 

町家を改修していく様子がみれるこちらのひばりのInstagramも、ぜひチェックしてくだされ。

最後に岩本くんの、おちょけた変な写真。

 

14650190_1295566693821998_5956969541927598683_n

 

梅夜のバーカウンターに、猫背の公家顔のシュッとした子が呑んでたら

岩本さんですか?と声掛けてみてくださいね。

 

お宿梅夜 Guesthouse Umeya

女将 木村淳子

 

お宿 梅夜

お宿 梅夜

京都西陣の京町家のお宿
市バス今出川大宮より徒歩5分
おひとりさまから、
気軽にお泊まり頂けます。

  • アクセス
  • ブログ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式facebookページ
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Twitter
  • 京町家ゲストハウス「お宿 梅夜」公式Instagram
ページの先頭へ